ストーカーの迷惑電話 対策

MENU

「もしもしおじさん」の正体

いたずら電話の内容は?−ストーカーの迷惑電話


小学生の時、親がいない昼間の時間帯に、きまって男の人からの変な電話がかかってきた。友達と私は毎日のようにかかってくるその電話に、怖い反面、おもしろがっていた。その電話は出ると「もしもーし、もしもーし」しか言わない。私や友達が「どなたですか?」と聞いても「もしもーし、もしもーし」。そのうち切れてしまう。何度もかかってくるので、そのうちにこちらからガチャギリするか、電話口で変な音楽を鳴らして、逆に嫌がらせするようにして反撃しました。

ストーカーの迷惑電話の対策は?−相手と話し合う


ある日、母がいる時にその電話がかかってきた。それで私は「お母さん!この電話いつものイタズラ電話だよ!!」と言って母に出てもらった。電話に出る母、私はきっとまた「もしもーし、もしもーし」の繰り返しだと思っていた。…しかし、母はその電話の相手を知っているようだ。ちゃんと話もしている。しかも、なんかすごく嫌そう。結果、その日から変な電話はかかってこなくなった。
実は、イタズラ電話の相手は、パート先で母に交際を迫っていた妻子持ちの上司だったのだ。

ニセ探偵のストーカー・嫌がらせ調査詐欺に要注意!

探偵・興信所は、ストーカー・嫌がらせ対策の頼みの綱ですが、激安や返金保証など耳障りのよい言葉だけを見て、きちんと選ばないと大変なことになります。
ありがちな詐欺事例を紹介します。


〜詐欺の手口〜

実は調査していない?

詐欺マンガ1


興信所を装った詐欺には気をつけましょう。


ストーカー調査を安心して頼める所は?

多くの探偵社・興信所の中で、唯一 県庁のホームページに掲載されている「原一探偵事務所」が最も信頼できます。

※ただし、料金は安くありません。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


信用・実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら